借りる前に散々迷う

消費者金融でお金を借りる時、いつも迷う事があります。

それは、いくら借りるかです。

余裕を持って返済できる額を借りるのが良いのでしょうが、それだとやっぱり足りないってなりそう。

しかし、多めに借りてしまうと月の返済金が用意出来ないなんて事も。

足りなかったら後から増額を申し込むという手もありますが、それに頼ると歯止めが利かなくなりそうなんですよね。



生活費が足りないでお金を借りる場合などとくに難しく、生活を切り詰めれば小額の借金ですむけど、ある程度人間らしい物を食べたいとなると、もうちょっと借入額を増やして・・・などいつも借りる前に散々迷います。

キャッシングは高齢者でもできる

キャッシングが自由に簡単にできるようになりました。以前は収入が安定している人しか借りれなかったイメージです。最近は主婦や学生もアルバイト、パート収入があれば借りれる事があります。

では定年を迎えたお年寄りはキャッシングができないのか気になります。最近はどんどん年金額も減らされて働けないお年寄りこそお金がピンチになる事が多いはずです。基本的にはお年寄りでも年金のような一定収入があれば借り入れ条件を満たしています。あとは年齢ですが、ほとんどの金融は20歳から70歳前までとしているようです。高齢ということで返済に関してはやはり計画性が必要になります。

まとめ買いしない食費の節約

我が家の冷蔵庫は小さいです。

よって、節約ブログなどでよく見かける食材のまとめ買いはほぼ不可能です。

ほとんど毎日買い物に行っています。おすすめ カードローン

このような場合、食費を節約するためには意思の強さが必要だと思います。

本当に必要なものだけを買って余計なものは買わないことが節約の鉄則です。

今日の広告特売の商品や今晩のおかずに必要な商品だけを狙って買い物に行くのです。

今日じゃなくても良いものは「店内全品1割引の日」用のリストに入れておいてその日に買います。

いずれにしろ買い物メモは必須アイテムです。

先日、朝刊の折込広告に地元のリサイクルショップのチラシが入っていました。
見てみると、良いなと思った物が売られていました。
それはマッサージチェアです。
私は姿勢が悪いのかいつも右肩がとてもコッています。
トラック運転手の私の旦那もいつも腰が痛いと言っています。
マッサージチェアが家にあったら良いなと私は思いました。
旦那に聞いてみると、旦那も賛同してくれたので買ってみることにしました。
でも私も旦那も余分なお金は持っていません。
そこで万が一のために用意していたカードを使い消費者金融から数万円借りて買ってきてしまいました。
マッサージチェアは私の家には少し大きいのですが全身をマッサージしてくれて本当に気持ち良いです。
買って良かったと心から感じています。

お金の節約ということでは、ひとまず自炊を第一に考えています。これ以上の節約はないかなって思うんですよね。美味しいごはんを作ることができるようになれば、間違いなく節約が可能です。
プロミスで追加融資【気になる審査や即日融資に関する情報】
あれこれ考えなくてもいいですもんね~。ま、時には楽をしたくなって外でお惣菜とか買ってしまうんですけど。でも、結局時間を作ったからって何かをするわけでもなく、テレビ見たりとかしちゃうわけで。それでお金を失うっていうろくでもないことしか起きないよなって思ってしまいます。

違法金利での貸付によって払いすぎてしまった利息を過払い金といいます。

通常、違法金利となると悪質な業者を思いつきますが、過払い金は正規の登録を行って運営している貸金業者からの借入でも発生してたことが問題です。なので、自分は大丈夫と安心することはできません。

では何故、正規の貸金業者で違法金利による貸付が起きてしまったのでしょう。その理由として、法律の矛盾点によって生じたグレーゾーン金利の存在があります。貸付の際の金利は、元金に応じた掛け率が法的に定められています。これを「利息制限法」といいます。

内容としては、『元金10万円未満なら年利率20%まで、元金10~100万円未満なら年利率18%まで、元金100万円以上なら年利率15%まで』です。これ以上の掛け率での貸付は違法になります。

さて、問題は次です。もう一つの金利に関する法律の「出資法」では、『年利率29.2%を超えた貸付を行った業者は処罰する』としています。既に気が付いた人もいるかと思いますが、ここで利息制限法と出資法に矛盾点が生じているのが分かるでしょう。利息制限法を越えた金利での貸付は違法だけど、出資法を越えない限りは罰金や懲役刑などの処罰はないとなっているのです。これによって利息制限法の15%、18%、20%から、出資法の29.2%までの間に曖昧な金利ゾーンが誕生しました。これがグレーゾーン金利です。

借りすぎ注意!

 2000年ごろからカードローンのキャッシング地獄にはまっています。
 友達にお金を借りに行ったら、「魔法の機械があるよ」と言われてクレジット会社のATMに連れていかれ、そこで暗証番号と希望の金額を入れたらなんとお金が出てくるではありませんか!あの時の衝撃と感動は今でも忘れません。
 しかし、それ以降私の人生は思いきり狂ってしまいました。欲しいものを我慢することもなく購入、さらにはパチンコ、競馬、競艇などのギャンブルにも拍車がかかり気がつけばカードローンによる借金が800万を超えていました。もうどうすることもできません。
 上手く付き合っていけばとても便利なキャッシング。ただ一歩間違えれば恐ろしい現実が待っています。

国産物が好きです

国産の食べ物ってなんでも高いですよね~。それに比べて中国産の食材の安いことと言ったら...。最近はアメリカ産の食材も国産品に比べて安いですよね。
土曜日の即日融資希望ならこちら
1番高い食品は間違いなく国産品です。たとえば国産のお肉も外国産に比べて高いですよね。アメリカ産のお肉の方がたくさん入っているのに安くてお買い得感があります。
だけど国産のお肉は柔らかいですよね。肉質が軟らかくて上品で美味しいのです。食品の好みは好き好きですが、安心面も考慮すると国産品が好きです。

私の旦那は今年の夏に大手の通信関連の企業を退職してしまったのでした。
旦那は人間関係に疲れてしまって、鬱病になってしまったからでした。
でも旦那の退職金がかなりでましたので、何とか生活費はそこから捻出できてしまっています。
でも来年はどうなるのだろうかと思うと、凄く不安になってしまっています。
でも私は、ネットで占いの副業をやるようになってしまい、今月は9万円もの売り上げがありました。
楽天銀行で早く確実に増額する方法
9万円も稼げるとは思っても居ませんでしたが、そのお金をへそくりしてダイヤのネックレスを来月買う予定です。
会員制クラブとかスポーツクラブに入会したら、入会した最初の頃の気持ちを忘れないで通い続けたいと思います。
最初の頃の気持ちを変わらず保ち続けることはかなり大変なことですが、それでも月会費を支払っているのなら、なるべく多くそこへ通って何かに磨きをかけた方が得だと感じるのです。
カラダに無理をしてまでそんな風にすることはありません。
無理をしない程度に頑張れると良いのかなと思います。
支払っているもの以上の何かをつかめたらいいな...と思うのです。

私は趣味でフルートを吹いています。
フルートは小学生の頃に習い始めて中学、高校とずっと続けてきました。
社会人になってからは地元の楽器好きなひと達が集まった楽団に入り練習しています。
フルートにも寿命があり5,6年で私は新しいものに買い替えていました。
実はつい最近も新しいフルートに買い替えました。
今回は前から欲しかったちょっと高い値段のフルートを思い切って買うことにしました。
70万円近くもするもので少しお金が足りませんでした。
でも私はどうしても欲しかったので銀行のカードローンを使い買うことができました。
少し高かったですが音が素直に出て買って良かったと思っています。